ボーカルがなじまない悩みを解決!原因となる3つの音質を解説!

4657210406_4848b62090_n

こんにちは。
今回は音がなじまない原因を考えていこうと思います。

ボーカルのなじまない悩みも多く聞かれるので参考になれば幸いです。
また、この考え方さえしっかりすればどのパートでも応用出来るはずですよ♪






今回のポイント!

なじむ・なじまないの聞き分けはミックスダウンの可能性を広げる!




[ad#ad-1]

なじまない音とはどんな状態?

ボーカルって本当になじまないですよね。笑
僕自身もめっちゃ苦戦しました。


そもそもなじむ音とはどんなものなのでしょうか?
EQに関する記事で一度触れたこともあるのでまずは参考にしてみてください♪
ミックス時のイコライザー(EQ)でボーカル処理する際のコツ!順番も誤解されている!


なじむ音を具体的に実現させるには以下の点を考える必要があります。

①音質の一致
②雰囲気の一致
③テンポの一致





音質の一致

これは上にのせた参考記事にもありますが、
「なじむ=他と似ている」というのを考えると、
音質は近い方がなじみやすいです。


とはいってもミックスダウンでは厳密に音質の一致を判断するのは難しい。
特に決まった目安もあるわけではありませんし。



なので解決策としては、
「何か同じエフェクターをかけて同じ音質に近づける」
という事を意識した方が現実的です。




おすすめはコンプレッサーをかけること。
極端な音質の変化が出ないのを逆手にとって使う感じですね。


その際は同じ種類をそれぞれにかけるのではなく、
まとめて一緒にコンプをかけるほうがまとまりやすいです。



補足
※音質の一致を目指すのに、変化の少ないコンプを使うのはちょっと矛盾していますね。笑
 イメージとしてはこんな風に思ってください。



2つの波形があるとします。
形は違うので別なパート。
高さは各パートの音量。
色も違うので2つは別な音質だと思ってください。

Untitled design


で、赤い横線がコンプをかける時のスレッショルド値。


削られた部分の断面図は黄色になっていますよね?
そこがコンプを使って音質が共通になった箇所にあたります。


同じハサミで一気に切ったから、断面図が同じ形というイメージに近いかもです。
同じエフェクターを一気にかけたから、音質が同じ。


そして、立方体の上半分はコンプをかけるとなくなる部分なので、
同じ色の断面図=同じ音質になるという感じです。






雰囲気の一致

これも参考記事に書いてますが、同じような雰囲気にしないと違和感がでます。

派手系な服装で集まった合コンで、
「むむ、自分だけちょっと浮いている??」
っていうような感じ。笑
服装の雰囲気が周りと合っていない状態ですね。


これは音楽でも当てはまります。




勢いのある演奏に弱いやる気のない歌声は合いにくいって事です。

※楽曲としていいか悪いかではないですよ?
ミックスダウン時になじみやすさを感じるかどうかです。




でも実際に色んな人の作品を直接やりとりして聞いていますが、
ここが意識されていないケースは割合としては多い印象ですね。



歌声が浮いちゃうんです。

そうなるとどんなに色々加工しても上手くいかず、
さぁ困った!と頭を痛めてしまいます。。。(/_;)

雰囲気の一致も重要なポイントです。




テンポの一致

僕は打ち込み系がメインなので、完全に全て録音のものはほぼやっていません。
でも歌は録音する必要があるのでここは意識しています。


テンポは確実に合わせるのが重要。



テンポという背骨を基準に音楽は構成されているので当然といえば当然ですよね。
タコみたいに不安定なものは聞いている側も落ち着きません。



ミックスダウンにおいては波形編集できるので、
無理やり音の頭とかを揃えたりします。

そうすることによって楽曲の安定感が増し、クオリティが上がるのもまた事実なんです。




もし上手くまとまっていない・なじんでいない場合は、
一度細かく波形をいじってみるのをおすすめします。


エフェクトで加工はその後にするべき!


※波形とテンポを揃える→料理の下ごしらえ
※エフェクトをかける→調理





なじみ具合を活かすミックスダウンでレベルアップ!

上の3項目を聞き分けられ、
ある程度再現出来るようになるとミックスの幅が広がります。



どういう事かというと、

・ボーカル以外をなじませる→ボーカルを際立たせる
・ドラムのスネア以外をなじませる→スネアを際立たせる



といったようなボリューム操作だけでは実現できない、
立体的なミックスダウンが出来るようになるからです。





というかボリュームのみでクオリティの高いミックスダウンはできません。たぶん。
むしろこうした感覚的なレベル合わせのほうが重要度は高いです。


どこをいじってなじみ具合を調節するか、というのを判断できるかがコツともいえます。




まとめ

今回の考え方は僕は頻繁に使っていますよ。
テクノ系だと印象に残る効果音的なものを入れるのですが、
あえてそういうのはなじませません。

そうするとボリューム自体低くても存在感のある目立った音になりますからね。


考え方はなじませる時の逆。
音質・雰囲気・テンポのどれかをずらします。




あとはパッド使った静かな眠くなるような4つ打ちも好きなので、
全体に一体感を持たせるように意識しています。



こんな風に使い分けできると曲自体の雰囲気作りにもなるんです♪

ぜひお試し下さいね(*´∀`*)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です