ミックスダウンの順番でキック・ベースが最初はウソ!上達したいなら・・・

6028174346_877eea11a8_z

こんにちは。
今回はミックスダウンの順番についてです。

今までの経験上、よく言われるキックから最初に手を付けるのは嘘だと思っています。
その理由とオススメの順番をご紹介!





今回のポイント!

ミックスダウンの順番は一番聞かせたいパートを最初にする!


[ad#ad-1]

順番大事!

一番聞かせたいパートって構成ごとに微妙に違うはずです。


歌ものだったらボーカル。
ダンスミュージック系だったらキック。


こんな風に僕の中では解釈しています。





で、よく言われるミックスダウンの取り掛かる順番って、
最初が「キック」か「ベース」って言われません?


たしか大体-6dBに合わせてから他のパートを重ねていくみたいに言われていたと思います。




でもこれって僕から言わせると無理。
絶対まとまりません。笑


※とか言ってダンスミュージックでは僕はキックから最初に取り掛かると書いたので矛盾しそうですが、
この場合は音量じゃなく「音質」重視です。後ほど。




ピラミッドで考える

ここでは歌もので考えていきます。


一番聞かせたいのボーカルを最後の方にミックスしようとすると、
高確率でなじまない雰囲気になるんです。






理想の完成図は頂点がボーカルのピラミッド型。
VOCAL

バランスよく安定していますよね?(*´∀`)


この形を目指すのであれば、
はじめにてっぺんおボーカルの音量・音質をビシッと決め、
それから初めて他の部分に取り掛かるっていう順番のほうがいいんです。







仮にボーカルを最後の方に手を付けるとします。





もし、思ったようにはまらなかった場合どうしますか?




ボーカルに色々エフェクトで加工をしたりするかもしれません。



最悪、他のパートの設定を変えたりと、
大幅な変更を余儀なくされるかもしれません。





このブログでは人間の耳は超敏感で、
特に人の声の変化はすぐに判断されると書きました。


ボーカルの過剰なエフェクトは違和感として聞く人の耳に入るので、
最後の方で手を付け、無理矢理すき間にねじ込むようなやり方で上手くいくでしょうか。



そんなやり方は綺麗なピラミッド型にならず、
いびつな形になるのは容易に想像できますね。
piramid_09



ボーカルという一番重要な部分を基準にして、
それに合わせて周りを組んでいくという考えです。


この時、ボーカルよりも音量が大きくならず、
距離感も近くにならないように組んでいけば絶対ボーカルが埋もれない仕上がりになるんです。


ミックスダウンの取り掛かる順番わかんなかったら絶対この事を意識してください!



ダンスミュージックの場合

ダンスミュージックの時は僕はキックを最初に合わせると書きました。
一番聞かせたいのはキックなのですが、音量ではなく音質を整えます。



これも上のボーカルの例と同じ。



キックの音質・雰囲気を基準にどんどん組んでいくんです。



最後の方で「なんかイマイチになってきたから別なキックに差し替えよう」なんてしたら、
それまでの別の部分にも影響してしまいます。



まとめ

ミックスダウンのかなり重要なコツです。
この順番を変えるだけでもクリアでまとまりのある仕上がりになるはずです。


多分この辺に気づいてから雑誌のやり方関連は一切読まなくなりましたね。笑


当然、雑誌の情報を否定するワケではありません。
いつも勉強していましたから。

ただ雑誌が本当に正しいやり方かどうかに疑問を持った、って感じです。



今まで多くのクリエイターさんと交流をしてきましたが、
みんな設定値がどうとかエフェクターがどうとか雑誌と同じ事言うんです。


もっと深い部分を見なおしたり、
ブログに書いてあるような考え方を伝えるとすごい参考になったと喜ばれるのも事実。


このブログは約6,7年の実験・検証の果てに辿り着いた答えを書いているので、
騙されたと思ってやってみてください♪笑

ある時、必ず納得できる瞬間がきますから。(*´∀`)


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です