【作詞のコツ】初心者は単語を並べるやり方で「作れない」とバイバイ!

できたぞおおぉぉ--

どうも!
キャッチコピー的文章を考えていて頭が爆発していましたww
あー難しいけど楽しい。

元々僕はこのキャッチコピーや作詞といった文章を扱うものは全然浮かばないので昔から苦手!
でもどうしてもやらなければいけない状況になり、自分なりの方法を確率させたのです。

今回はそんな僕の作詞のやり方というかコツみたいなものを書いてみようと思います。
ポイントは「単語」に注目することです。


作詞のコツ:単語の重要性を再確認する

まず最初から超重要な事を話すと【単語の持つイメージを並べる】ことは忘れてはいけない事です。
単語を聞く(見る)と頭に浮かぶ事ってありますよね?

例えば、「青空・スピード・爆音・水平線・仲間・日焼け・乾杯」という単語を見て浮かぶ「風景」はなんでしょうか??
イメージが浮かんだら先に進んでみて下さい。

頭に浮かぶ風景ですよ?
誰がどんなとこで何をしているかみたいな感じです。
・・・・・

・・・

・・







どうでしょうか??

「なんか若者パリピ集団が海でビール飲んではしゃいでそう」
と思ったら正解ですww

場所も(多分)海を思い浮かべたはずです、「海」って単語を使ってないのに。
そこには水平線・日焼けという単語が頭の中で海のイメージに結びついたのかもしれません。

乾杯という単語も別にワインかもしれないのにビールかチューハイあたりを想像したのでは?
これこそ、カッコよく言えば単語の持つ力です。ワードパワーww

初心者にありがちな歌詞としては上の例で言う「海」というド直球の単語を使いすぎていて説明っぽくなってるような気がします。
あくまで個人的にだけど。
それでもいいんだけど少しポエムぽくなるっていうか、それこそただ言葉を並べた感じで作品としては少し弱いのかもしれない。

結局作詞というのはこの頭に浮かぶイメージの単語を多く、自然に、クリエイティブに散りばめられるかが重要だと思っています。
そう考えると初心者だったとしてもできそうでしょ?


具体的な作詞のやり方

僕の場合だとまず歌詞サイトを開きます。
楽器me(http://gakufu.gakki.me/)が見やすくてオススメかな。

で、ここから自分が今作ろうとしている世界観に合う単語をコピペします!!
※このあたりは文章だとわかりにくいポイントなので動画にしてみようと思います。(近日)

例えば今回は、「元気でかわいい、キラキラアイドル応援ソング」の作詞をするとします。
そうなったらこのサイトで合いそうな単語を引っ張ってくるのです。

少し挙げると、
・がんばろう
・同じ道
・そばにいる
・振り向く
・一緒に
・あの場所で
・スタート
・レインボー
・サンシャイン

とりあえずこんな感じで引っ張ってきます。
どっかの曲の単語だったり、僕の頭からピックアップしてみました。

でもどうだろう?
何となくどんな感じの曲になりそうかイメージできない?ww
あとはこの言葉同士を繋いでいく感じ!簡単でしょ?

ただ問題発生。
がんばろう・一緒に・スタートとかはありがちな言葉なのでこれを並べても少しつまらなくなりそう。
平凡というかありきたりというか。
そんな時は同じ意味の別の言葉に変えてみたりするんです。

がんばろう→ココロの決意
一緒に→同じ空気で
スタート→発進!

とかねww
心をココロにしたみたいに同じ言葉でもカタカナ表記(orひらがな表記)もよくやります。
ちょっと可愛さが増すのでww
!・?など記号も程よく使うとこれまた可愛さUPします。

こうやって曲のイメージと歌詞を近づけていく、これが作詞の楽しさなんです!
「どの言葉を使えばより与えたいイメージを頭に浮かばせられるか」を考え抜くのが作詞のコツなのかもだね。

だから文章を作り出すのセンスも必要かもしれないけど、センス無いから全く作詞が出来ない!!というものでもないし、いかに言葉遊びができるかの方がポイントだと思うんですはい。


作詞のコツプラスマイナスで深みを出す

単語にはプラスとマイナスのイメージもあります。
ここも意識するとより世界観の「深み」が増します。

上の応援ソングの例だと基本全部ポジティブ単語。
これはこれでいいんだけど、逆に言えば上っ面だけで中身が薄いようにも感じるよねww
単純バカっぽいというかww

いい大学でて、いい会社に就職して、結婚して幸せですハッピーみたいな。
ちょっと文章だけだと深みがない印象も。

いい大学でたけど就職は上手く行かなかった。でも結婚して幸せですハッピー。
の方が少し深みが出た感じしない?

これは就職が上手くいかなかったという部分、マイナス面を入れたから。
これだけで深みが感じ取れるようになるんです。



はい、本題に戻ってさっきの応援ソングにマイナス面も入れてみましょうか。
例えば「諦めて部屋に一人閉じこもる」みたいな文章だったり単語だったり。

この文章はちょっとマイナスイメージが生まれるっしょ?
こういうのを入れて、外してまた入れてと試行錯誤しながら進める、それが作詞です。



言葉によって世界観を微調整ながら作り上げていく、って感覚に近いかも。
もし勢い系の単語で暑苦しい世界観になってきたらゆったりを感じさせる単語を使ってみたり。


本当は大失恋の世界観にしたいのにちょっともの足りない。
よし、無駄な部分を削除して内面をイメージさせる言葉を使おう!

・・・・あれ?悲劇のヒロインになりすぎた。
じゃあ少しこれからの希望を感じられる単語を入れてみよう!


といった感じに微調整。
センスってそんなに必要?www


作詞のコツの補足

あとは僕の作詞をする上での意識しているポイントをまとめてみます。

・誰に向けての歌詞か。
聞いているリアルの人ではなく、歌詞の中の世界の誰に向けているか

・文章だけでも世界観に近づいているか
上のカタカナ表記や記号にしたりで世界観の調整。
カワイイ系歌詞なのに漢字が多いと堅苦しくて重くて変でしょww
あくまで文章の文字列を見た時の世界観の重さ・軽さです。
特に誰かに歌詞を提供する場合などは最初にその文字列(歌詞文章)から「楽しそうな歌詞!」「重そうな歌詞」とかイメージするので意外と重要。

・同じ単語は使わない。
サビの繰り返しなどを除いて基本的に同じ単語は使わないようにしています。
同じ意味の別の言葉を使って単調になるのを防ぐワケです。
敢えて狙って同じ単語を使う時もありますが、その狙った感は伝わるようにしています。

・造語を使う
造語はよく使います。タイトルには有効で一気に「作品」感が増すので初心者こそオススメ!
歌詞にもOK!
(例)はんぶんこ花火 /10年桜 / 言い訳Maybe /ロボティックガール など

・正しい文法は気にしない
作詞のやり方などによく倒置法がーとか擬人法がーとかあるけどなんか古いよねって印象ww
逆にこうした文法を意識しない話し言葉風だってあるし。
それが今っぽさにもつながってるから無視していいと思う部分。


まとめ

僕もちょっと前までは作詞の初心者代表でやり方なんて全然わかんなかったのに、こうして記事を書いていると色々考えてやっているんだなぁと再確認なうです。

ちょっと長くなったけど伝わるかな伝わると良いな。
作詞ってやり方は人それぞれ!って言われがちだし難しくてわかんないんだけどめっちゃ面白いんだよね。
やっぱり世界観を作っていくのが醍醐味。

単語から浮かぶイメージを繋いでいく、作詞はこれや!!



スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です