作曲の勉強より早く上達するコツがあるとしたら多分(いや絶対)コレな話。

今回はちょっとした実践的な作曲のコツについて書いてみようと思います。


僕の場合初心者から抜けるのは時間かかっていたので、今改めて思い返すとこの方法が上達するのには早いんじゃないかなーと感じる部分が多々あるんです。



あくまで僕基準の内容ですが最近は同じ内容の文を良く目にするからあながち間違いではないはず。∠(`・ω・´)





白目向いてヨダレ垂らしてでも最後まで絶対に仕上げる!!

これ超が超つくほど大事!


なぜ仕上げるのが大事かというと、作品として発表、または納品した時初めて「あーもっとこうすればよかった!!」っていう感情が100%生まれるんです。
これは完成させないと絶対に生まれない感情。


この時感じた自分の『アレンジの技量』だったり、『テクニック不足の後悔』というのが次の作品を作る際の原動力になるワケなんですよ。
言い換えればとにかく作って失敗・敗北感を全身で味わえ!ということ。




「今回のここ複雑になりすぎたから次はシンプルにすることも考慮してみよう」とか「こういう展開にしても良かったかも。次試そう」とかアイディアが生まれるんですよね。
でもその時にはすでに遅いんですけど。。。(泣)

だからそれを次に生かす。




この「失敗からの挫折感」という辛いセクションを経験しないと絶対に作曲の上達はしないと言っても過言じゃないくらいだと思うんです。
音楽だけでなくクリエイターの世界ならどの分野も当てはまるはず。

もしこの感覚を体感していないけど上達してるぜ!という場合は何年もかかったりとスピードはめちゃくちゃ遅いハズ。



作品を完成させて世に出す。
それで初めて作曲をした、モノを作ったと言えるのです。



だから練習練習・勉強勉強で完成させない曲ばかり増えている状態は言ってしまえば「作曲している気になっている」というのが正しいかも。




スピードを意識するべし!!

1ヶ月で1曲作る人と、1ヶ月で3曲作る人ではどうがんばっても後者の方が上達は早くその差は広がるばかり。
※適当に作るのではなく意識的に作曲していればの話


やっぱりスピードは大事だね。
よく言う「量と質どっちが大事か」って問題は間違いなく『量』を重視すべきと思っています。



僕なんか特にそうだったんだけど、初心者でまだ技術もそんなに無い時はなるべく恥をかかないように、みんなに一目置かれるようにと、じっくり素晴らしいものを作ろう!としていたんだよねww


そうすれば当然時間はかかるし、そもそも技術があるワケでも初心者ないので注目されるような曲にはならないじゃん?
だから思った評価も得られず凹む。


「なんでや!」って思ってましたよ!!笑
あほちんだよね自分。



では反対に量を重視していたら?
完成→公表した時の反省点を次に生かそうとするなら、当然量をこなしていけば嫌でも上達はしていくでしょ?



2、3回では自転車に乗れないのと同じかもだね。

何十回もすっころんで怪我してちくしょー思いながら挑戦すると乗れるようになる、それと同じだ!
要するに『すっころぶ失敗回数をいかに早く増やせるかで早く乗れるようになる』ってことだね。




「前作より1%でいいから良くする!」と意識する。

前回の作品の満足度が10点だとして、今回作るものは11点の自己満足度になるように努力する。
いきなり30とか40とかには絶対なれないんだよ、不思議と。
だからほんのちょっとでも前回よりはいい作品になるように意識する。


だんだん自分との戦いになってくるけど、この気持ちとスピードが掛け合わされたらいつのまにかレベルが上がっている自分に気づくはず。


僕なんて1年前に作った曲聞いたら嫌になるもん。粗がありすぎて。笑
でも当時は100%出しきったんだけどね。


「やべー、絶対今回のは前のよりしょぼいww」って焦った時こそ勉強する。
これが効率いいしオススメ。


勉強して知識を付けてから作曲、の流れは絶対遅いからね!




責任を持つ必要がある作品を手掛ける。

例外はありますが僕の場合お金が発生しない作曲依頼は断っています。


これは別にお金にギラギラしているワケではなく、単純に自分が本気で音楽を作らなくなる環境になるのがイヤだからです。
やっぱり「お金もらっている以上、中途半端でダサいのはマズイ!ψ(・ω´・,,ψ」という緊張感・責任感・焦りや不安などが入り混じっている状態の方が魂をぶち込めて作曲できますもん。



無料で作ってと言われても、どうしてもそこまでの本気度にはならないのが人間。
どこかで妥協してしまう心が生まれるものです。
結局お金じゃんってなりますケドww


依頼した相手も魂込めて作られた曲の方がいいはずでしょ?
「責任を持つ必要のないものはお互いに価値を生まない」という感じなのかな?



この責任感というのも上達には重要なファクターだと最近感じているのであります。
だからこそ誰かに曲を提供したりコラボしたりと「一人で完結させないお金を絡ませた曲作り」を僕は推奨しているんです。
単純に一人でやるよりも楽しいし。何より圧倒的に上達スピードが早い。






作曲の出来る・出来ない&向いている・向いていないジャンルを見極める

なんかパソコンで作曲しようとするとなんでも作れちゃいそうな気がしません?
たくさんの楽器を扱えるし、マウスぽちぽちすればできちゃうみたいな。極端だけど。


で、この「どのジャンルでも作れそうな気がする」という感覚は実は結構ヤバイ気がするのです。




僕がまさにコレ。
変なプライド(?)でなんでも作れちゃうぞという意識があったりなかったりww
だからこそ「本当は作るのに向いていないジャンル」も挑戦して→作れない→凹む→自分だめだー(負のループ)に陥りやすい。



例えばFUTURE BASSはスゴイ好きなジャンルだし、何回も作ろうと挑戦してみました。


だがしかし!!!


構成も音色もどう作曲していくかもわかっているはずなのに何故か全然作れないんです!!ガ―(´・ω・|||)―ン!!



それっぽく出来たとしても「っぽく」な感じでとてもとてもyoutubeにアップしているような人には足元にも及ばない。





まさに「作曲することの出来ない・向いていないジャンル」に当てはまってうワケですよw
今となっては「まぁ、、、作れない運命なんだな」と完全に割り切ってますけどね。



他にも僕はHIPHOP系やオーケストラ系、劇伴などには一切手を出さないようにしています。
聞くのは好きだけど同様に自分が作るのには向いていないジャンルだというのを把握しているからです。



「あの人とは気が合う」「アイツは嫌い」みたいな人間関係と同じように、作曲するのに向いているジャンルというのも確かに存在しているんですよね。



好きなジャンル=作曲できるという式は存在しないのです!!





僕の場合はここを意識していなかったからずっと満足いく作品も作れずに音楽が嫌いになる「音が苦(おんがく)」状態に何度も陥りましたw


パソコンでなんでも作れそうな感覚になるからこそ意識したい、自分に向いている・作れるジャンルかどうかという判断基準も、音楽で結果を残したい、上達したい場合には大事な部分なのかもしれません。



まとめ

音楽理論とか勉強すれば上達する!と思い込んでいた昔の自分にぶん殴って言いたい気持ちになってきましたw
結局は全力出した作品をいかに多く・早く世に送り出すか、というのが理論よりも大事。


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です