【ミックスダウンの手順②】下げのEQで音圧あがるんですよ?

down

こんにちは。
今回はミックスダウンの手順2記事目です。

とはいっても今回はちょっと簡潔な感じなのでご了承くださいです。笑





今回のポイント!

EQは上げるだけではなく!下げて使うべし!

[ad#ad-1]

手順の続き

ミックスダウンの手順①では最初に音の周波数などを把握することについて書きました。
ではその続きです。


次に行っていく工程は、
曲の中で一番聞かせたいパートの音質を決めることです!


この記事(ミックスダウンの順番でキック・ベースが最初はウソ!上達したいなら・・・)に書いてあるように、よく言われているキックかベースのレベルを合わせるのではなく、
ボーカルなど聞かせたい音を調節します。


この際にコンプレッサー・EQで音質も決めます。
コンプは音量差を無くす為、EQは周波数の補正の為です。





今の段階で「一番聞かせたいパート」と「全体の周波数分布」という部分が済みましたよね。
あとは感覚で他のパートを組んでいきます。笑



聞かせたい部分は既に決まっているので、
よっぽどのことがない限りバランスが崩れたりはしないはず。(*´∀`*)

周波数分布も事前にチェックしているので、
極端に多かったり足りないなんてこともありません。




ミックスダウン時の重要ポイントとしては、
「周波数でバッサリ切っても影響が出ない場所はあるか?」
ということ。

参考記事(音を太くする・音が細い原因は周波数を判断できれば解決!)にあるように、周波数も役割分担が必要です。


で、EQでカットしても音の変化を感じられなければ思い切って削ってしまったほうがいいんです!
その理由は、トータルでの音圧を上げることにつながるから。





EQでカットするということはその周波数の音量を下げるということですよね。
カットしたのに音量が上がるということは絶対にありえないのがわかるはず!!




ということはそのカットした分の音量を別なパートで上げられる。

音圧も上がる可能性がでる!!

ということにむすびつくんです。





よくEQって上げる方向には使いやすいんですが、下げ方向の意識は抜けがち。


例えば中・低域を上げるときこんな感じでEQをかけるとします。
持ち上げていますよね?
↓↓↓
mix2a



でも逆に中・高域を下げたのだとどうでしょうか。
↓↓↓
mix2b


EQのかたち的には同じですよね?
ミックスダウンの時は下のような下げのEQを使うといい効果が出たりします。





さてさて、ミックスダウンには他にも音の前後を意識すことも大切で、
これらのことと平行して行っていきます。


ミックスダウンって手順もありますが、考え方が大きなウエイトを占めていますからね。
極端にいえば考えをしっかりしていればある程度の手順がバラバラでもうまくいくんです!


ただ個人的にはこの記事の前半部分、
「聞かせたいパートを最初に手を付ける」まではぜひ行ってもらいたい順番でもあります。




まとめ

実は今回新しいパソコンから文字を打っているんです。
結局ハードディスク壊れた&古くなってきたから新品を購入。

まだ文字打つのになれていないので、
今までみたいな浮かんだ考えをババッとかけずにいます。泣

ちょっと簡単な記事内容になってしまいました。。無念。。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です