【作曲上達への道?】パソコン画面とにらめっこじゃいい曲は生まれないぜ?いやホントに。

どもです。
作曲の方法って人それぞれだと思うけど、僕が作曲技術以上に大事にしている事があるので今回はそれをシェアする記事を書いてみたいとおもいまする。



いい曲を作るにはDAWの使い方、アレンジ、テクニックなど技術面は大事なのは言うまでもないですよね?
でも作曲の初心者は「技術がない」→「曲が作れない」→「技術が身につかない」→ループ。という悪循環に陥る可能性があるかもしれません。

うん、すでに何を言いたいかわからなくなってきたけど、要するに「自分なりの作曲できる心理状態に持ってくる重要性」というのを今回は言いたいんです。

どういう事かというと、僕の場合は曲を作る時にただパソコンには向かいません。
まず初めにモンスターエナジーの緑を飲みますwww
コレね↓
czshswqveaai9ds

これを飲むと集中力が200%アップして作曲のスピードが爆速状態になるんです。
ふざけているワケでもなく、むしろモンスターを飲まないと作曲ができないかもしれない位僕には重要なツール。

たしか野球のイチローって毎朝カレーを食べるんだっけ?
あれと同じで僕なりの作曲へのルーティーンという感じなのです。
※ルーティーンについてはこちらの記事を参考に。
「よっしゃー!作ったるでー!!!」って気持ちを奮い起こす意味合いだねうん。


それともう一つ、僕が自分で納得行く曲を仕上げる時は決まってこの状態になります。
①誰かの曲を参考にせず自分の好きなようにいじっている。
②周りが見えなくなり時間経過が遅くなるいわゆる「ゾーン」に入る。
③いじっている最中にアイディアが浮きまくる。
④楽しいとか辛いとかの感情が減り、「こうしたい!」欲が強まる。

めちゃんこ集中力が高まってガーっと作って「あれ?まだ1時間も経ってないの?」という感覚に襲われるのです。
この状態はモンスターを飲まなくてもなりますが飲んだ方がより出やすい。


さてさて、自分語りになって申し訳けないけどこれって実はめちゃくちゃ重要だと思っています。
あくまで僕なりのトランス状態だけどこの状態の具合で作品へのクオリティも左右される感覚なのです。

「今回はヤバイ、めっちゃゾーンに入ったからめっちゃウケる曲に違いない!!!」
とか
「なんか今回はあまりこの状態にならなかったから、、、、なんかしっくりしないなぁ」
とか。

こうゆう自分なりのパソコンとは関係ない気分・気持ちの部分の状態を発見することも作曲の一部ではないかなと痛感。
現に昔はこの感覚はなかったんだから。
その時の曲なんてクソだよクソwww


アイディアは感動した分だけ蓄積される

随時書きます。

文系・理系の脳も把握してみよう!

さて今度は文系と理系の脳についてのお話。
この2つは次のような考え方をするらしい。

・文系→ゴールを設定してそこを目指す考え方
・理系→進めながらゴールを設定する考え方


作曲にあてはめるとこんな感じなのかな?
・文系→理論・構成などを覚えてから作曲するタイプ
・理系→詳しい知識はないけど取りあえず作ってみて「あ、曲になった」タイプ


僕の場合は完全に文系ww
ジャンルの構成とかも把握しないと手が進まないし、音楽理論も無駄に全部覚えようとしちゃう。
答えを探すタイプっていうのかな?
「この曲を作るにはこうする!!」っていう情報を探したり。
音楽にはそんなの無いのにさ、不安になっちゃうんだよね。。。。


多分作曲するには僕みたいな文系タイプはちょっと大変なのかもしれない。
いつまでも「練習」ばっかりして作品を世に出すまで時間がかかっちゃうんだもん。


あなたは文系・理系どっち?

こうした面も把握することで曲が作れない時の解決策も発見できたりするかも。


作曲は「数」と「前回よりちょっといい曲にする!」が大事

よく言われている「数と質どっちが重要か」という問題。
ホリエモンだったかな?が言うには「数をこなすとそれが質に変わる」らしい。
言い換えればたくさん曲を作らなければいい曲は作れないってことなんだよね。

作るからにはレコード大賞とれるような地球が滅びるまで残る名作を作りたいけど、そんなのは人生最初の自作曲1曲目では生まれない。
最初は自分でも聞いてクソと思うような曲を作る。
構成とか音色とか知識とか関係なく作る。
そこで重要なのがとにかく1曲「完成」させること。

作品として完成させなかったらいつまで経っても練習と同じっしょ?。
練習を10000回やっても音楽という作品を作るアーティスティックな分野では評価はされないんだよね、作品=結果だから。
「EDMのドロップ部分を100曲作ったぜ!」では意味がないってかなんかダサイじゃんww

で、この完成させるのもすごい大事で、何故か完成させるとその段階の自分の作曲レベルが把握できて反省点も見えたり次こうしようとかアイディアが生まれるんだよね。
この感覚は中途半端な段階では無いこと。

だから完成させた曲を数多く作るのがマジで大事。
そこに「前回よりも1%でもいいからいい曲になるように!!」と情熱を入れればもうクオリティは上がる一方だよね?
下がるはずないじゃん!!



まとめのお時間!!

今回色々言いたくて文字に上手く出来なくて伝わったかめっちゃ不安な記事だったりww
なのでまとめます!


☆自分が「よし!曲作るぞ!」って思える事を日常に取り入れる!
☆自分がナゼ上手く曲が作れないのか、というのを技術面以外でも考え見つめ直す!
☆文系・理系によっても手順が変わってくるので自分のやりやすい方法を発見する!
☆「前回作った曲よりちょっとでもいい曲にするぞ!」と意気込み、とにかく完成させた作品を数多く作る!


ほんと大事。
絶対このことかって実感できる瞬間くるからやってみてみて!!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です