【コンプレッサー】スレッショルド&レシオの仕組みと使い方がわからないを解消しよう!
DTMをしていく上で避けては通れないエフェクター関連。
その中でもコンプレッサーという摩訶不思議なエフェクトの使い方で頭を悩ませた事はないでしょうか?

イメージが浮かびにくい設定で苦手意識があるコンプレッサー。
でもDTMをしていく上では使用頻度も重要性も高いエフェクターだと思っています。

今回の記事ではコンプレッサーのスレッショルドとレシオの仕組み、そしてその使い方を解説していきます。
※微妙なニュアンスなどがどうしても文字で説明できたなかったので動画での解説です。

「コンプレッサーがわからない!」を脱出して音質向上を目指しましょう!


ツイートと動画





【挫折は終了】コンプレッサーのレシオ&スレッショルドを過去1番わかりやすく解説!

数年前からコンプの解説をチャレンジしていましたが、過去最大級にわかりやすくなったのでご覧下さい!

スレッショルドとレシオのイメージが掴めるはず😊



動画の補足

コンプレッサーとリミッターともに青い部分で表現しましたが、上下に図があるのがわかると思います。
ここで「なぜ上下になるのか」と疑問に思ったかもしれません。

音はマイナス→0→プラス→0→マイナス・・・と上下を繰り返して構成されています。
したがってどちらか一方という状況はありえないんです。

見やすく簡易的に上半分だけで説明する時もありませんが、本質的には音の上下にかかると思って問題ありません。



まとめ

どのくらい深くコンプレッサーをかけるのかという設定がスレッショルド。
どのくらいの割合音量を圧縮するのかという設定がレシオ。

ということになります。

「明らかに抑揚がなくぺたーっとした音だなー」とか「なんか音が前に張り付きすぎている感じ」と思ったらコンプが深くかかりすぎているという事です。
その場合はスレッショルドを下げてかかり具合を弱めます。



動画でも解説しましたがコンプレッサーで圧縮された音量はゲインリダクション(GR)として表示されます。
一般的に上から下に波形が動くメーターです。

このゲインリダクションが思いっきり振っている時はコンプレッサーのかけすぎ。
全然振れない時はコンプレッサーがかかっていない状態、と判断できます。

ゲインリダクションの動きに注目しながらスレッショルドを動かして違和感の出ない設定ポイントを探ってみましょう!

DTMをする上でコンプレッサーの使い方・仕組みを理解することは大切な技術になるはずです。
わからないを解決できる事を祈っています(*´∀`)